読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早くも日本代表監督選び 違和感

ワールドカップで日本代表は誰が評価しても惨敗でした。

ところが、早くも次期監督選びを始めているようです。

 

なぜこのような結果になってしまったのか。何が日本代表に欠けていたのか、この4年間の取り組みを総括することが大切だと思う。当たり前のことですが。

 

特に、国内のメディアでは、最強だとか何とかいって、一次リーグの突破は当たり前、ベスト8も夢ではないような論調があふれていました。

 

多くの課題が明らかになったと思いますが、そんなことの振り返りもなしに、総括もなしに監督選びに奔走するサッカー協会をみて、幻滅しています。

 

結局、誰も責任をとらない体質なのではないでしょうか。

 

そして監督が決まったら、○○ジャパンとかいって、何事もなかったようにマスコミも報じるのだろうなと思います。

 

元々、このような体質にいやな私は今回のワールドカップの日本代表に何の期待もしていませんでしたけどね。

 

日本サッカー協会「時間が必要」次期監督交渉は慎重を示唆 : サッカー : スポーツ報知